オヤジィの独り言は不定期更新
2014,7.24 UP DATE
バックナンバー  第1回〜第10回 第11回〜第20回 第21回〜第30回
第31回〜第40回 第41回〜第50回 第51回〜第60回 第61回〜第70回
第71回〜第80回 第81回〜第90回 第91回〜第100回 第101〜第110回
第111回〜第120回 第121回〜第130回 第131回〜第140回 第141回〜第150回
第151回〜第160回 第161回〜第170回 第171回〜第180回 第181回〜第190回
第191回〜第200回 第201回〜第210回 第211回〜第220回 第221回〜第230回
第231回〜第240回 第241回〜第250回 第251回〜第260回 第261回〜第270回
第271回〜第280回 第281回〜第290回 第291回〜第300回 第301回〜第310回
第311回〜第320回 第321回〜第330回 331回〜第340回 341回〜第350回
351回〜第360回 361回〜370回
オヤジィの独り言
第376回    1年近くバックレました   2014年7月15日

またまた大変ご無沙汰なんだにぃ。
最近はFBのほうに偏っちまってるもんで中々こっちに手が回らないんだにぃ。また季節が来たもんで夏の高校野球長野県大会が開催中なんだにぃ。去年は日程が合わずワシの友人のM君が監督しているNK高校の試合は見れなかったんだにぃ。今年こそはM君が定年の年なので是非応援に行きたかったんだけんど、ヤボ用が多すぎて今年も行けなかったんだにぃ。ワシの数少ない友人の一人なんだけんど、その中でもワシが尊敬する友人の一人なんだにぃ。もっとも先方はそうは思ってないかも知れないけんど・・・まぁイイか。今日の試合は同じ頭文字のNK高校だったんだけんど、インターネットの速報で仕事の合間にちょこちょこ気にしてたんだにぃ。8回の裏を終わって0対1で負けてたんだけんど、仕事を終えて速報をみたらなななななんと9回の表に追いついて延長10回に勝ち越しして初戦を突破したんだにぃ。かつては別の学校で監督として甲子園に出場し3回戦まで進んだ経験のある名伯楽とはちょっくら言い過ぎかもしんねぇけんど、情熱を持って高校野球の指導をしているには間違いないんだにぃ。次の2回戦は県内ではちょっくら強豪校のSG高校なんだけんど、大物食いしてもらって勝ち進んで欲しいもんなんだにぃ。連休の最中なもんでワシは応援には行けないけんど頑張ってくんない!



第375回     ご無沙汰で〜す。   2013年8月18日                                

大変ご無沙汰なんだにぃ。
1年以上も更新してなくて、殆どの方達から見放されていると思うんだにぃ。実は昨年からFBなるものを始めたもんで、こっちまで手が回らなくなっちまったんだにぃ。アナログ人間のくせに余計なことすっからにっちもさっちも行かないんだにぃ。
判りづらいと思って一応年号を入れてみたんだけんど、こんなにサボっちまったら誰も見に来てくれないんだにぃ。FBもあんまし更新してないけんど、これを読んで興味を持った人は是非FBに訪れてイイネ!を押してくんなまし。
ではヨロシク!



第374回     夏が終わった       2012年7月9日                                    

毎年この時期に登場するのがワシの大学時代の同級生で、高校野球の監督をやっているM君なんだにぃ。今年も夏の甲子園の長野県大会がはじまったんだにぃ。NK高校に赴任して3年目の今シーズンだったんだけんど、赴任1年目にワシに言ったことは再来年期待してくれという言葉だったんだにぃ。と言うことはその時の1年生を育てて3年生になった時に、期待できるチームを作るという意味にワシは感じたんだにぃ。今日試合を観戦して確かにまあボチボチのチームに仕上がっているようには思えたけんど、勝ち進んでシード校と戦うにはまだまだ修行が足りないというところなんだにぃ。で、試合結果は6対7で惜敗と言えば借敗なんだけんど、監督からサインが出ていたかどうかは判らないが、1回の表にランナー2塁で2アウト・フルカウント・打者が4番バッターという場面で勝負にいって先制タイムリー2塁打を打たれたんだにぃ。初回の失点は1点だったけんどこれが今日の試合の全てのような気がするんだにぃ。いつもは試合終了後に監督を出待ちして言葉を交わしてくるんだけんど、今日は監督の顔を見るのが何となく辛い感じがして会わずに帰ってきたんだにぃ。
定年まであと2年しかないけんど、もう1回友を甲子園に行かせたいワシなんだにぃ。           
       ノックは上手い!                          好打者だけど・・・



第373回     消防車が来た〜!      6月10日                                 


毎年恒例の庭の手入れだにぃ。5月の末から6月の中旬にかけて毎年庭の手入れをしてるんだけんど、天気の都合で中々予定通りにはいかないんだにぃ。今年は6月に入ってからボチボチやってるんたにぃ。昨日は雨だったから休んだんだけんど、一昨日と一昨昨日は結構仕事が捗っていよいよ今日は仕上げだと気合を入れてやってたんだにぃ。気合が入りすぎてつい予定のない所まで手が出てしまい、目障りだったもみの木の大きめの枝を5本ばかり落としたんだにぃ。そいでもって、それを細かくして焚き火を始めたんだけんど、昨日の雨で枝が湿っていたのと新芽が出ていたのも手伝ってかなりの煙が上がっちまったんだにぃ。国道から見ると家が燃えてるように見えたらしく、通行人が消防署へ通報しちまったんだにぃ。遠くでサイレンが聞こえたのでオッカァに「どこか火事らしいよ」と言ったらオッカァが「家じゃないでしょうね」なんて二人で冗談言ってたんだにぃ。したらななななんとサイレンがどんどん近づいて来て、消防車がワシの家の前で止まったんだにぃ。ワシはええええと思ったけんど消防士が駆け寄って来て「家屋火災の通報がありまして」と言うんだにぃ。ワシは思わず「どこが?」と聞いちまったんだけんど、あんだけ煙が上がれば慌てる人は慌てるんだべなぁと思ったんだにぃ。消防士は焚き火で良かったというような表情だったけんど、いろいろとワシから事情聴取していったんだにぃ。ついでに警察まで来てポリスが事情聴取していったんだにぃ。大量の焚き火は禁止されてんだけんど、少量の場合は容認されているので大丈夫だんべと思っていたし、もう引退はしちまってるんだけんど消防団の幹部までやってたもんだから火の扱いは慣れてるつもりだったんだにぃ。だけんど慣れてる人の感覚とそうでない人の感覚はまるっきり違うんだという事に今回気が付いたんだにぃ。自分では何でもない事がこんなに大変な事になっちまうなんてこれから気をつけないといけないんだにぃ。消防の皆さんやポリスの皆さんや近隣の皆さんにご迷惑とご心配をおかけ致しました事に陳謝致します。


第372回      喰い過ぎだにぃ      5月30日                                  

先日オッカァと高崎に買い物に行ったんだにぃ。買い物があんましすんなり終わっちまったもんで、高崎周辺で昼飯するのはちょっくら早いってんで、以前TVで見た花園フォレストとやらに行くべぇってことになったんだにぃ。17号線を藤岡まで行って藤岡から関越道に乗り一路花園へ。花園インターから秩父方面へ向い4〜5分くらいのとこなんだけんど、英国調のピンクの建物だからすぐに判るんだにぃ。
花園フォレストってなんだべかって思う人もいるだろうけんど、ワシにはちょっくら似合わないローズガーデンなんだにぃ。スイーツのお店やレストランもあるんだけんど、ワシはそっちが目的だったんだにぃ。ランチバイキングはフルバイキングで1,200円、スイーツバイキングで800円なんだけんど、色々考えるとフルバイキングのがお得な感じがするんだにぃ。ワシは当然フルバイキングでランチ&スイーツでガッツリご馳走になったんだにぃ。ランチはカレー(1種類)とパスタ(2種類)とスープ(1種類)とちょっとしたものだけなんだけんど、スイーツは10数種類のケーキが揃っていてソフトドリンクがフリードリンクになってんだにぃ。ランチはカレーとパスタがあれば充分なんでスイーツ好きには嬉しいバイキングだと思うんだにぃ。オッカァが少食なもんでバイキングに行くとワシは元を取ろうとしてついつい食べすぎちまうんだにぃ。体に悪いだんべな・・・特に歳をとってきたらその辺注意しないといけないのにね・・・
ローズガーデンは規模は小さいけんど何10種類ものバラが所狭しと咲き乱れていたんだにぃ。園内に入った瞬間バラの香りに包まれて、ワシには花より団子だけんど女性にはたまらないんじゃぁなかんべかと思ったんだにぃ。バラ園の感想はこんなもんなんだけんどスイーツ好きの皆さんにはお勧めなんだにぃ。
       



第371回       懐かしいのが出ました。     5月11日                       

先日ちょっくら古い物を片付けていたらとても懐かしい物が出てきたんだにぃ。
昨年女子サッカーのワールドカップで金メダルを獲得し、ロンドンオリンピックでも活躍が期待される「なでしこジャパン」が今ブレイク中だけんど、実は24年前にワシとこのペンションで当時の女子サッカーの日本代表の合宿をやったんだにぃ。ワシの記憶違いじゃなければ、当時の選手達は女子サッカー日本代表の第1期生だったんだにぃ。監督もサッカー界では超有名人で当時、日本で3人しかいなかったドイツのプロサッカーコーチの資格を持つ人のうちの1人だったんだにぃ。
当時は女子のサッカーは全くと言って良いほど世間では認知されていなく、スポンサーどころか新聞にも取り上げられる事はなかったんだにぃ。だもんで、当時の選手達は遠征費も合宿費も殆どが自腹で活動していてかなりの貧困生活を強いられていたんだにぃ。今ではその選手たちも有名女子サッカーチームの監督をやったり、協会の幹部をやったり各地でサッカーの指導者をしたりと活躍している人が多数いるんだにぃ。
ワシとこでの合宿の後は台湾遠征をするという事だったんだけんど、遠征先から絵葉書をくれたり、当時オッカァが鉄の女2を身ごもっていたので、元気な赤ちゃんを産んでくださいなんて便りをくれたりしたんだにぃ。合宿中厳しい練習から戻ると必ずオッカァのお腹をなでて赤ちゃん産まれたら私にくださいなんて言ってた選手がいた事も懐かしいなぁ。合宿は10日間だったんだけんど、ワシとこのバッ様が得意のパン粘土で小さなサッカーボールを監督・コーチ・選手全員分を作り、白樺の幹を輪切りにしたものを土台にしサッカーボールの置物を作ったんだにぃ。その土台の裏側にサインを入れてもらったんだにぃ。今回その貴重なサインボールが出てきたのでペンションに展示して皆さんに見てもらおうと思ってんだにぃ。