軽井沢酔いどれゴルファーのゴルフ四方山話


高級リゾート地軽井沢でのゴルフは大変気持ちの良いもので、早朝ゴルフ・アフタヌーンゴルフと格安で爽やかリゾートゴルフが楽しめますよ。軽井沢といっても夏の昼間はやはり少々暑いので、早朝や夕方にラウンドするとそれは何ともリッチな気分に浸れるのでございます。特に日の長い夏の日は夕方のラウンド後にいただく生ビールがそれはもう絶品でお殿様になった気分です。こんな贅沢を皆様も是非軽井沢で堪能してみては如何でしょうか・・・

                                      
●自己紹介●

1955年2月東京新宿生まれ
大学卒業後スポーツ用品の会社に勤める。5年8ヶ月のサラリーマン生活の後1983年、両親と妻・長男と軽井沢に移住しペンションを開業する。その後二人の娘が生まれたが、現在は長男が神奈川でティーチングプロを目指してしていて、長女が嫁に行き次女が神奈川で就職しているため妻と2人で暮らしている。4歳と1歳の孫がいる。
ゴルフとの出合いは小学校3年生の時に父親に連れられ練習場でクラブを振ったのが最初である。日本大学ではゴルフ部に在籍し、主だった戦績はないが宴会では常にレギュラーポジションを確保していた。同級生にはかつてシード選手だった藤木三郎プロ・1学年下には倉本昌弘プロ(現在シニアツアー・レギュラーツアー転戦中)・牧野裕プロ(時々TV解説で稼いでいる)さらに4年時の1年生には湯原信光プロ(現在レギュラーツアー・シニアツアー・チャレンジツアーを掛け持ちで頑張っている。)がいた。湯原プロにはよくスパイクを磨いて貰ったものである。
今現在もゴルフは続けているが年々ラウンド数が減り、最近は年間8ラウンド位しかプレーしないのだが、常に90を切る事を目標に頑張っている。やはりボギープレーをオーバーすると寂しい思いがあるが、練習をしないのは自分の責任であり技術や体力の低下も自分の責任なのだが、これを燃え尽き症候群というのであろうか。

●オヤジィのお薦めコース●

何年も前から気になっていたゴルフ場、ついにラウンドしてきました。群馬のロイヤルオークカントリー倶楽部です。一応群馬県高崎市なんですけど、市町村合併で高崎市に統合された倉渕町にあります。私の抱いたイメージではロイヤルに奥の方って感じですかね。東京方面からですと高崎から国道18号線を軽井沢方面に向かい、安中近辺で榛名神社を目指し右手に入ります。榛名神社まで行く山道の途中を左に入ればすぐですが、結構山奥って感じです(不便かも・・・)。で、何で私が何年も前から気になってったかと言うと、私の先輩が伊香保の水沢観音の側で「清水屋」といううどん屋さんをしています。水沢うどんでは老舗中の老舗なんです。先輩のお宅へお邪魔する時に私は、軽井沢から碓氷バイパスを下り松井田町から倉渕町を経由し、榛名神社・榛名湖を抜けて伊香保の温泉街を通り水沢まで行っていました。松井田町から倉渕町までは地蔵峠を越えるのですが、時間に制約のないドライブには信号も無くすれ違う車も少ないそのルートが面白いのです。倉渕町の市街地から榛名神社へ抜ける山道の途中にロイヤルオークはあるのですが、道からコースがチラホラ見えるんです。適当に池なんかも配置されて道路から見ると良く整備された美しいゴルフコースに見えるんです。いつかチャレンジしてやろうと常々思っていましたが色々なご縁があって今回のラウンドが実現したという訳です。コースは東・西・南と27Hsで私は西と南をラウンドしてきました。道路から美しく見えたのは西の2番の左ドックのミドルと3番の池越のショートでした。なにせ8ヶ月ぶりのラウンドだったので、レギュラーティーからプレーさせて頂きましたが、シニアプレーヤーには丁度良い距離で楽しめました。でもガチで勝負しようと思うとやはりバックティーが面白いでしょうね。西コースは飛ばし屋さんには少々物足りない感じもありますが、グリーンがアンジュレーションに富んでいて前の組の紳士の皆さんは「オーガスタだぁ〜」と絶叫していました。まぁそれ程ではないにしろ、私がラウンドした日のカップの位置がトーナメントの最終日?と思わせる程、素人泣かせと言うかイジメと言うか楽しいグリーンでした。南コースはちょいと長めのミドルがあったり豪快にプレーできるホールが続き、グリーンも西コース程意地悪な感じはなくゆったり楽しめる9Hsです。東コースは聞いた話しですが、距離的には短くちょっとトリッキーな部分が多いためマニアックなプレーヤー好みという事です。ショットが暴れなければ好スコアーも期待できそうですね。山道を走って行くというイメージだとどんなコースだろうと不安になりますが、県道からゴルフ場への誘導路を入って行くとだんだん視界が開け、駐車場に入るとそこはもう別世界で360度の大パノラマが待っています。我が浅間山も天気が良ければてっぺんと煙がよく見えますよ。従業員の皆さんもアットホームな感じで笑顔の耐えない対応をしてくださいます。食事もメニューが豊富で美味しくいただけました。一説によると群馬県の味付けなのでちょっと濃いめかなという意見もあるそうですが、私は普通に美味しくいただいてまいりました。近隣にはあまり有名ではないですが隠れ家的な良い温泉も数箇所あるので、1泊宴会ゴルフには最適かも知れません。ネット予約だと色々なプランがあってお得ですよ。



●軽井沢でのゴルフ●

軽井沢町内には、軽井沢72ゴルフ場・軽井沢プリンスホテルゴルフコース・晴山ゴルフ場・浅間ゴルフコース・馬越ゴルフコース・旧軽井沢ゴルフクラブ・軽井沢ゴルフ倶楽部・軽井沢900クラブ・中軽井沢カントリークラブ・グランディ軽井沢ゴルフクラブ(旧森泉GC)・三井の森軽井沢カントリークラブ
と11ヶ所272ホールズのゴルフ場が存在する。旧軽井沢ゴルフコースと軽井沢ゴルフ倶楽部は完全メンバーシップのため中々ラウンド出来ないが、軽井沢900クラブ・中軽井沢カントリークラブ・グランディ軽井沢はメンバーシップではあるが、ビジターの受け入れも積極的である。その他はパブリックコースなのでいつでも予約可能で11月下旬〜3月下旬の冬季クローズ期間を除けば爽やかな高原リゾートゴルフを満喫出来る。


                               内輪の話バックナンバー1へ


                               内輪の話バックナンバー2へ

                               内輪の話バックナンバー3へ

                               内輪の話バックナンバー4へ

                               内輪の話バックナンバー5へ


                               内輪の話バックナンバー6へ

                               内輪の話バックナンバー7へ

                               内輪の話バックナンバー8へ

                               内輪の話バックナンバー9へ